< 樋口一葉『この子』のあらすじと感想|子はかすがい | 世界の偉人たち

世界の偉人たち

現在と未来を創った人々の功績と人物像を紹介します

作品紹介

樋口一葉『この子』のあらすじと感想|子はかすがい

投稿日:2019年6月15日 更新日:

この子

この記事では、樋口一葉の小説『この子』のあらすじと感想、そして解説を書いています。婦人雑誌に掲載され、文章読解力が低い当時の女性読者にもわかるような平易な言葉でかかれているため、それほど文学性はない作品ですが、「生まれてきた子供は何であれかわいい」という人の真理が響く作品になっています。

樋口一葉『この子』の概要

主人公の山口実子は、夫婦仲が冷え切ったころに子供を授かり、育てていく。生まれた当初は憎しみさえ覚えたこの子であるが、その後心境の変化が現れます。

「この子」とはまさに主人公の子供のことであり、夫婦と母子の関係性と心情の変化が描かれています。

「日本の家庭」という雑誌に掲載されたこの小説は、「文字に乏しい女性にも、容易に読ませるため極めて平易な文で有益なことを分かりやすく説明する」ということを編集方針としていたため、『この子』もその方針に則り、平易かつわかりやすい小説となっています。

樋口一葉『この子』の人物相関図

『この子』は主人公である山口実子の1人称で、子供が産まれる前から、子供が産まれた後の今現在までを回想する形で物語は進みます。

短編小説ですので登場人物は少なく、主人公と夫のやりとりが殆どになります。

この子の人物相関図

樋口一葉『この子』のあらすじ

主人公である「山口実子」の心情がひたすら吐露されることで物語は進んでいきます。

「口に出して我が子がかわいいなんて言ったら、きっと大笑いされますね。ええ、誰だって我が子が憎いなんてことはありません。」

冒頭ではこう始まる『この子』ですが、子供が誕生した時は「ああなぜ丈夫で産まれてくれたんだろう、この子さえ死んでくれれば、あたしは産後すぐにでも実家へ帰ってしまうのに」と子供が誕生したことに憎しみすら覚える実子。

3年前、山口家へ、裁判官である山口昇の嫁に来たときは夫婦仲も良好であったが、お互いの「馴れ」によりわがままの生地が出てくるに至り、夫婦仲は険悪なものとなっていきます。

子供が産まれてこようというとき、まだ霧に包まれた状態であった実子ですが、一方で「かわいい、いとしい」とうことは産声をあげたときからなんとなく身に染みていたと吐露する実子。

夫との仲たがいも子供が産まれることにより良好なものとなり、「あたしが良くすれば主人も良くしてくれます。三つ子に浅瀬というたとえがありますが、あたしの身の一生を教えたのは、まだものをいわない赤ん坊でした」という言葉で物語は締まります。

樋口一葉『この子』の感想

「婦人誌に掲載された小説だった」と聞けば「なるほど」と思うほど、平易かつ女性に向けた内容になっています。悪くなった夫婦仲が子供の誕生により修繕されるという、世の中にありがちな出来事を描き、当時の女性たちの共感を得たのだろうという推測ができます。

言い方を変えれば、当時の女性たちの内なる声を樋口一葉が小説という媒体を経由して代弁したものとも言えます。

夫に対する不満や、子供が産まれたことに対する不安を後から反省を含めて振り返ることにより、同じような悩みを抱えていた当時の女性たちにシンパシーと安心感を与えたのだろうと感じます。

樋口一葉『この子』をより深く味わうには

以上で『この子』の紹介は終わりです。

樋口一葉の人生や時代背景について知ることができれば、『この子』もより深く理解できるようになると思います。別途記事にしていますのでご参照よろしくおねがいします。

樋口一葉|明治を生きた天才・貧乏女流作家の人生|意外な男性遍歴とは?

-作品紹介

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

経つくえ

樋口一葉『経つくえ』のあらすじと感想|失って初めて気づく悲哀

この記事では、樋口一葉の小説『経つくえ』のあらすじと感想、そして解説を書いています。近くにいるときは何も思わないものですが、それが突然消えてしまって初めて気づくものもあるかと思います。そんな悲しい物語 …

うもれ木

樋口一葉『うもれ木』のあらすじと感想|時代の流れは悲劇を生んだ

この記事では、樋口一葉の小説『うもれ木』のあらすじと感想、そして解説を書いています。時代の潮流に取り残された絵師、入江籟三とそれを支える妹のお蝶。二人に救いの手が差し伸べられ、物語は好転をしたかのよう …

富嶽百景

太宰治『富嶽百景』あらすじと感想|小説家としての再生物語

この記事では太宰治の名作『富嶽百景』のあらすじと感想を書いています。 富嶽とは富士山のことで、『富嶽百景』の題名は江戸時代に書かれた葛飾北斎の「富嶽三十六景」から来ています。 富士山の麓の御坂峠で滞在 …

たけくらべ

樋口一葉「たけくらべ」のあらすじと感想|結末が悲しく美しい

この記事では樋口一葉の代表作である『たけくらべ』のあらすじと感想、そして解説を書いています。樋口一葉の作品で最も有名であり、よくできた余韻の残る作品です。有名であるが故に「たけくらべ論争」などが沸き起 …

本棚

樋口一葉の作品とあらすじ一覧|22作品を一気に紹介

この記事では、樋口一葉が書いた小説22作品のあらすじを一気に紹介しています(未完成作品1つを含む)。樋口一葉は短命でありながら、多数の作品を世に出し、その中から名著と呼ばれる作品もしばしば生まれていま …