< 樋口一葉 | 世界の偉人たち - Part 3

世界の偉人たち

現在と未来を創った人々の功績と人物像を紹介します

「 樋口一葉 」 一覧

仲の悪い夫婦

樋口一葉『裏紫』のあらすじと感想|不倫か倫理か

2019/06/15   -作品紹介
 

この記事では、樋口一葉の小説『裏紫』のあらすじと感想、そして解説を書いています。この小説では、樋口一葉の作品としては初めて女性の不倫がテーマとなっているのですが、一葉の死により物語は未完のままです。 …

われから

樋口一葉『われから』のあらすじと感想|理不尽からは不幸が生まれる

2019/06/15   -作品紹介
 

この記事では、樋口一葉の小説『われから』のあらすじと感想、そして解説を書いています。この小説では、家族を捨てた母と、その怒りから巨万の資産を気づいた父、そしてその資産を手段として地位の高い男性と結婚に …

大つごもり

樋口一葉『おおつごもり』のあらすじと感想|ドラ息子は救いの神?

2019/06/09   -作品紹介
 

この記事では、樋口一葉の小説『大つごもり』のあらすじと感想、そして解説を書いています。やむにやまれぬ事情から、『おおつごもり』に盗みを働く主人公。しかし意外な結末が待っています。 樋口一葉『大つごもり …

たけくらべ

樋口一葉「たけくらべ」のあらすじと感想|結末が悲しく美しい

2019/06/09   -作品紹介
 

この記事では樋口一葉の代表作である『たけくらべ』のあらすじと感想、そして解説を書いています。樋口一葉の作品で最も有名であり、よくできた余韻の残る作品です。有名であるが故に「たけくらべ論争」などが沸き起 …

にごりえ

樋口一葉「にごりえ」のあらすじと感想|濁った娼婦の最期を描く

2019/05/15   -樋口一葉
 

この記事では明治時代の小説家、樋口一葉の「にごりえ」のあらすじと感想を書いています。 「にごりえ」とは「水の濁った入江や川」の意味で用いられ、主人公「お力」の境遇や人生と重ね合わせることができます。「 …