< 樋口一葉『琴の音』のあらすじと感想|男を救った琴の音 | 世界の偉人たち

世界の偉人たち

現在と未来を創った人々の功績と人物像を紹介します

作品紹介

樋口一葉『琴の音』のあらすじと感想|男を救った琴の音

投稿日:2019年6月30日 更新日:

琴の音

この記事では、樋口一葉の小説『琴の音』のあらすじと感想、そして解説を書いています。人の道を外れてしまった男が、少女の琴の音により更生するという物語になっています。

樋口一葉『琴の音』の概要と作品背景

いわゆる樋口一葉の「奇跡の期間」の初期の頃に作成された作品です。

盗賊に成り下がってしまった少年が、真人間に更生するという物語で、その更生の象徴ともなっている「琴の音」が小説の題名となっています。

この『琴の音』が書かれた時代には貧困層の非行問題とその更生が社会問題となっており、そうした時代背景を映した作品となっています。

樋口一葉『琴の音』の人物相関図

『琴の音』の主要登場人物は二人です。

孤児となり、子供の頃から泥棒扱いをされている金吾。

そして屋敷でひたすら琴を弾き続ける、しづです。

琴の音の人物相関図

樋口一葉『琴の音』のあらすじ

渡辺金吾という14歳の少年が主人公です。

父親はうだつの上がらない男であったため、それを見限った母親の実家に母は引き取られます。金吾が4歳の時のことでした。

父親と乞食と同じような生活をしていましたが、その父親とも死別、孤児となってしまいます。生きていくために泥棒扱いされた金吾は、ついには本物の盗賊となって追われる身となります。

屋敷に住む森江しづは、結婚などの俗世の出来事には無関心であり、ただ琴を弾く日々を過ごしている。

ある時金吾はその琴の音に魅了され、聞き入るうちに改心していく。

『琴の音』をより深く味わうには

以上で『琴の音』の感想は終わりです。

樋口一葉の人生や時代背景について知ることができれば、『琴の音』もより深く理解できるようになると思います。別途記事にしていますのでご参照よろしくおねがいします。

樋口一葉|明治を生きた天才・貧乏女流作家の人生|意外な男性遍歴とは?

-作品紹介
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

津軽

太宰治『津軽』あらすじと感想|太宰と母性と涙の物語

『津軽』は1944年、太宰治が34歳の時に書かれた小説です。1944年の日本は太平洋戦争の真っただ中でしたが、このころはまだ本土には直接的な被害はなかったため日本が戦争に負けるという悲壮感が漂っている …

暁月夜

樋口一葉『暁月夜』のあらすじと感想|恋は儚く憎いもの

この記事では、樋口一葉の小説『暁月夜』のあらすじと感想、そして解説を書いています。月が見える夜明け前、恋を避ける少女とその少女に恋をした男の恋愛がクライマックスを迎えます。 Contents樋口一葉『 …

トカトントン

太宰治『トカトントン』あらすじと感想|太宰が戦後の若者の苦悩に答えた

この記事では太宰治の小説『トカトントン』のあらすじと感想を書いています。 この作品は26歳になる青年がある作家(おそらくは太宰治)に悩みごとの手紙を書く、という体で話が進みます。 「トカトントン」とい …

ヴィヨンの妻

太宰治『ヴィヨンの妻』あらすじと感想|ダメな夫と神たる妻

この記事では太宰治の小説『ヴィヨンの妻』のあらすじと感想を書いています。 ヴィヨンの妻は、私たる「ヴィヨンの妻」がダメ夫に尽くして支えるという話を描いていますが、ヴィヨンの妻はそれを苦にはしていない様 …

ゆく雲

樋口一葉『ゆく雲』のあらすじと感想|恋心は雲のように流れる

この記事では、樋口一葉の小説『ゆく雲』のあらすじと感想、そして解説を書いています。継母に辛くあたられるが故に、心を閉ざしてしまったお縫と、その心を開けようとする野沢桂二。事態は一時好転の兆しを見せます …