< 樋口一葉『花ごもり』のあらすじと感想|恋は制度に勝てないのか | 世界の偉人たち

世界の偉人たち

現在と未来を創った人々の功績と人物像を紹介します

作品紹介

樋口一葉『花ごもり』のあらすじと感想|恋は制度に勝てないのか

投稿日:2019年6月30日 更新日:

花ごもり

この記事では、樋口一葉の小説『花ごもり』のあらすじと感想、そして解説を書いています。相思相愛の二人が家という制度のために犠牲を払い、女性が花に籠るさまが綺麗に描かれています。

樋口一葉『花ごもり』の概要

花ごもり』の題名の由来は明らかにはなっていません。

しかしながら、「お新」が「与之助」と別れて田舎へ住むことを決意する「花の中にこもっていく美しさと平和」や「恋をあきらめ田舎にひきこもろうとするお新の生き方」が題名になっていると思われ、与之助との別れを契機として田舎にこもる「お新」のことを指していると言われています。

樋口一葉『花ごもり』の人物相関図

『花ごもり』に出てくる主要人物は3人です。

相思相愛の瀬川与之助と、お新。

そして与之助の母親です。

『花ごもり』人物相関図

樋口一葉『花ごもり』のあらすじ

法学校を卒業し、出版部に勤務する瀬川与之助は、母「お近」と従妹の「お新」の3人で暮らしている。

両親のいないお新とは、いずれは夫婦になり子を作るつもりであった。

しかし、亡き父の友人の未亡人、お辰から「お広」との縁談が舞い込みます。お近は瀬川家のため「お新」のことを切り捨てて、この縁談を進めることを決意する。

与之助は縁にすがる出世に難色を示すが、お広のことを気に入ったため、お辰にそのことを伝えます。

お新はお近から他家へ移るよう促され、田舎の画家夫婦の家を選ぶのでした。

お新は与之助に、絵を習い、恋しい時には姿を描いて心を慰めると伝えた。与之助はそれを聞き、一人胸のうちで泣くばかりであった。

樋口一葉『花ごもり』の解説と感想

相思相愛であった与之助とお新でしたが、与之助に縁談が舞い降ります。与之助は「お広」と会い、その性格を気に入ってしまい、家のためにお新を切り捨てます。

しかしお互い気持ちは残ったまま、悲しい別れとなる、という結末ですね。

樋口一葉の小説は、恋愛関係に敗れてしまうと死を選ぶ登場人物が多かったのですが、お新は「恋しい時にはあなたの絵を書く」と言い田舎に引っ込みます。

死を選ぶ結末より、「身を引いてなおあなたを思い続ける」という結末はあきらかに綺麗ですよね。題名もそれを反映して「花」という字が入っていますし。

一方でお新を切り捨てた、与之助はどうでしょうか?

お広を選んだにも関わらず、お新との別れの際には胸のうちで泣くと言う女々しさですね。

しかしながら、別れの原因は「家の繁栄」であり、制度ですね。

樋口一葉の小説は、この制度や風習により悲劇的結末を迎える小説が多いです。この『花ごもり』も同様で、個人の感情(お新への個人的な思い)よりも、お近に促されたこともありますが、「家」を優先したことが相思相愛であった二人の別れに繋がっています。

身を引いて相手を想う美しさと、「家」のために別れを選択せざるを得ないことへの憤怒をこの小説からは感じ取れます。

『花ごもり』をより深く味わうには

以上で『花ごもり』の感想は終わりです。

樋口一葉の人生や時代背景について知ることができれば、『花ごもり』もより深く理解できるようになると思います。別途記事にしていますのでご参照よろしくおねがいします。

樋口一葉|明治を生きた天才・貧乏女流作家の人生|意外な男性遍歴とは?

-作品紹介
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

十三夜

樋口一葉『十三夜』のあらすじと感想|血縁の絆

この記事では樋口一葉の小説『十三夜』のあらすじと感想を書いています。 樋口一葉の小説の中でも評判が非常に高い『十三夜』。家族を捨て実家に帰省した主人公「お関」は、再び家族のために嫁ぎ先へと帰っていきま …

富嶽百景

太宰治『富嶽百景』あらすじと感想|小説家としての再生物語

この記事では太宰治の名作『富嶽百景』のあらすじと感想を書いています。 富嶽とは富士山のことで、『富嶽百景』の題名は江戸時代に書かれた葛飾北斎の「富嶽三十六景」から来ています。 富士山の麓の御坂峠で滞在 …

われから

樋口一葉『われから』のあらすじと感想|理不尽からは不幸が生まれる

この記事では、樋口一葉の小説『われから』のあらすじと感想、そして解説を書いています。この小説では、家族を捨てた母と、その怒りから巨万の資産を気づいた父、そしてその資産を手段として地位の高い男性と結婚に …

道化の華

太宰治『道化の華』あらすじと感想|人を死なせた贖罪は?

この記事では太宰治『道化の華』のあらすじと感想を書いています。 『道化の華』は太宰治が田部シメ子と起こした心中未遂事件を元にした作品、というよりは、心中未遂事件を乗り越えて太宰治がどう生きていくのかを …

本棚

樋口一葉の作品とあらすじ一覧|22作品を一気に紹介

この記事では、樋口一葉が書いた小説22作品のあらすじを一気に紹介しています(未完成作品1つを含む)。樋口一葉は短命でありながら、多数の作品を世に出し、その中から名著と呼ばれる作品もしばしば生まれていま …