< 作品紹介 | 世界の偉人たち

世界の偉人たち

現在と未来を創った人々の功績と人物像を紹介します

「 作品紹介 」 一覧

道化の華

太宰治『道化の華』あらすじと感想|人を死なせた贖罪は?

2019/08/18   -作品紹介, 太宰治
 

この記事では太宰治『道化の華』のあらすじと感想を書いています。 『道化の華』は太宰治が田部シメ子と起こした心中未遂事件を元にした作品、というよりは、心中未遂事件を乗り越えて太宰治がどう生きていくのかを …

挿絵

サン=テグジュペリ『星の王子さま』の絵(イラスト)を徹底解説

2019/08/15   -作品紹介
 

『星の王子さま』はその教訓に富んだ物語が大人のための童話として人気で、今や世界各国で莫大な販売部数を誇る名作です。 しかし物語も秀逸なのですが、物語に付随して出てくる「絵」も、実は示唆に富んだものとな …

星の王子さま

サン=テグジュペリ『星の王子』のあらすじと感想|本に含まれた教訓を徹底解説

2019/08/15   -作品紹介
 

『星の王子様』という本をご存知の方は多いのではないでしょうか? この本はその平仮名が多い文体から、児童向けの本と思われがちですが大人にとって必要な教訓がめいっぱい詰まっています。 そのあらすじと感想、 …

ヴィヨンの妻

太宰治『ヴィヨンの妻』あらすじと感想|ダメな夫と神たる妻

2019/08/15   -作品紹介, 太宰治
 

この記事では太宰治の小説『ヴィヨンの妻』のあらすじと感想を書いています。 ヴィヨンの妻は、私たる「ヴィヨンの妻」がダメ夫に尽くして支えるという話を描いていますが、ヴィヨンの妻はそれを苦にはしていない様 …

トカトントン

太宰治『トカトントン』あらすじと感想|太宰が戦後の若者の苦悩に答えた

2019/08/15   -作品紹介, 太宰治

この記事では太宰治の小説『トカトントン』のあらすじと感想を書いています。 この作品は26歳になる青年がある作家(おそらくは太宰治)に悩みごとの手紙を書く、という体で話が進みます。 「トカトントン」とい …

津軽

太宰治『津軽』あらすじと感想|太宰と母性と涙の物語

2019/08/06   -作品紹介, 太宰治
 

『津軽』は1944年、太宰治が34歳の時に書かれた小説です。1944年の日本は太平洋戦争の真っただ中でしたが、このころはまだ本土には直接的な被害はなかったため日本が戦争に負けるという悲壮感が漂っている …

富嶽百景

太宰治『富嶽百景』あらすじと感想|小説家としての再生物語

2019/08/05   -作品紹介, 太宰治
 

この記事では太宰治の名作『富嶽百景』のあらすじと感想を書いています。 富嶽とは富士山のことで、『富嶽百景』の題名は江戸時代に書かれた葛飾北斎の「富嶽三十六景」から来ています。 富士山の麓の御坂峠で滞在 …

畜犬談

太宰治『畜犬談』あらすじと感想|私とポチの意外な結末を解説

2019/08/04   -作品紹介, 太宰治
 

この記事では太宰治の小説『畜犬談』のあらすじと解説、そした感想を書いています。人間失格などの暗い小説が有名な太宰治ですが、この『畜犬談』はユーモアに溢れ読者の心を惹きつけること違いありません。 犬嫌い …

人間失格

太宰治『人間失格』のあらすじと感想|太宰は本当に人間失格だったのか?

2019/08/01   -作品紹介, 太宰治
 

この記事では太宰治の小説のなかで最も言ってよいほど有名な『人間失格』のあらすじと感想を書いています。 この小説はタイトルからもわかるように全体的に暗く退廃的な文章で構成されていますが、人間の本質をえぐ …

本棚

樋口一葉の作品とあらすじ一覧|22作品を一気に紹介

この記事では、樋口一葉が書いた小説22作品のあらすじを一気に紹介しています(未完成作品1つを含む)。樋口一葉は短命でありながら、多数の作品を世に出し、その中から名著と呼ばれる作品もしばしば生まれていま …