< 6月, 2019 | 世界の偉人たち

世界の偉人たち

現在と未来を創った人々の功績と人物像を紹介します

「 月別アーカイブ:2019年06月 」 一覧

軒もる月

樋口一葉『軒もる月』のあらすじと感想|月下で揺れる狂気

2019/06/30   -作品紹介
 

この記事では樋口一葉の小説『軒もる月』のあらすじと感想を書いています。小説内で動く時間はほんの数時間、しかしその数時間の間に主人公である袖が自らの悩みにケリをつける、つまりは内面吐露の物語となっていま …

琴の音

樋口一葉『琴の音』のあらすじと感想|男を救った琴の音

2019/06/30   -作品紹介
 

この記事では、樋口一葉の小説『琴の音』のあらすじと感想、そして解説を書いています。人の道を外れてしまった男が、少女の琴の音により更生するという物語になっています。 樋口一葉『琴の音』の概要と作品背景 …

花ごもり

樋口一葉『花ごもり』のあらすじと感想|恋は制度に勝てないのか

2019/06/30   -作品紹介
 

この記事では、樋口一葉の小説『花ごもり』のあらすじと感想、そして解説を書いています。相思相愛の二人が家という制度のために犠牲を払い、女性が花に籠るさまが綺麗に描かれています。 樋口一葉『花ごもり』の概 …

わかれ道

樋口一葉『わかれ道』のあらすじと感想|疑似兄妹の破滅

2019/06/30   -作品紹介
 

この記事では、樋口一葉の小説『わかれ道』のあらすじと感想、そして解説を書いています。身寄りのない男と、その男を弟のようにかわいがる女。しかし、二人の『わかれ道』は唐突にやってきます。 樋口一葉『わかれ …

暁月夜

樋口一葉『暁月夜』のあらすじと感想|恋は儚く憎いもの

2019/06/29   -作品紹介
 

この記事では、樋口一葉の小説『暁月夜』のあらすじと感想、そして解説を書いています。月が見える夜明け前、恋を避ける少女とその少女に恋をした男の恋愛がクライマックスを迎えます。 樋口一葉『暁月夜』の概要 …

うつせみ

樋口一葉『うつせみ』のあらすじと感想|狂気の理由は?

2019/06/29   -作品紹介
 

この記事では、樋口一葉の小説『うつせみ』のあらすじと感想、そして解説を書いています。狂乱状態になった女性の現在そして過去が、周りの語りから少しずつ明らかになるという樋口一葉としては少し変わった構成の小 …

ゆく雲

樋口一葉『ゆく雲』のあらすじと感想|恋心は雲のように流れる

2019/06/29   -作品紹介
 

この記事では、樋口一葉の小説『ゆく雲』のあらすじと感想、そして解説を書いています。継母に辛くあたられるが故に、心を閉ざしてしまったお縫と、その心を開けようとする野沢桂二。事態は一時好転の兆しを見せます …

闇夜

樋口一葉『やみ夜』のあらすじと感想|個人と社会の闇を暴く

2019/06/26   -作品紹介
 

この記事では、樋口一葉の小説『やみ夜』のあらすじと感想、そして解説を書いています。この物語に登場する主要人物3人の闇、そして社会の闇がこの小説によって浮かび上がります。 樋口一葉『やみ夜』人物相関図 …

雪の日

樋口一葉『雪の日』のあらすじと感想|雪の日に起こした過ち

2019/06/23   -作品紹介
 

この記事では、樋口一葉の小説『雪の日』のあらすじと感想、そして解説を書いています。この小説は、恋人関係にあったとされる半井桃水との関係がベースになっていると言われています。『雪の日』に起こった出来事は …

うもれ木

樋口一葉『うもれ木』のあらすじと感想|時代の流れは悲劇を生んだ

2019/06/23   -作品紹介
 

この記事では、樋口一葉の小説『うもれ木』のあらすじと感想、そして解説を書いています。時代の潮流に取り残された絵師、入江籟三とそれを支える妹のお蝶。二人に救いの手が差し伸べられ、物語は好転をしたかのよう …